スポンサードリンク

居室の【湿気対策】

 
 □ 居室 【湿気対策】

居室は、通常水を使用しませんので、そこから水分が発生することはありません。ですから、外気や他の部屋からの湿気が入り込んで、その湿度からカビの生存に必要な水分を供給しています。それで、できるだけ乾燥した状態を保って、空気を循環させればかなりの程度カビを防ぐことが出来ます。

ただし、水槽や観葉植物がある部屋の場合は水蒸気をしっかり発生させますので注意が必要です。

居室の【湿気対策】としては、天気のいい日に窓を2カ所以上開けて、空気の通り道を作りましよう。その時に、窓だけでなく、ドアやふすまも開けて、空気を循環させれば、いっそう効果がアップします。


・居室の床

 特にカーペットはダニがいるのでていねいに掃除機で吸い取るようにしましょう。ただし旧型の掃除機はせっかく吸ったダニやカビを排気口から噴き出していることがあるので、新しい掃除機のしっかりとしたフィルターの付いたもので吸い取ってください。

 たたみの上にカーペットを敷いていませんか?じゅうたんの裏側と畳とのスキマは「高温多湿」になってカビやダニの住みかになりやすいです。基本的には敷かないほうが良いでしょう。

□ 居室(床)のカビの取り方 

ゴム手袋、住宅用カビ取り剤、雑巾などを準備します。
 たたみの場合、表面のカビを雑巾でふき取ってから、カビ取り剤溶液をつけた別の雑巾で拭き掃除します。その後、風通しを良くしてたたみを干しましょう。ついでに、畳を浮かせて下に電話帳など厚みのあるものを挟むと、畳の裏側の湿気も取れて良いでしょう。

 クッションフロアの場合、カビ取り洗剤の溶液をつけたスポンジなどで軽くこすり洗いをし、そのあと固く絞った雑巾で拭き取りましょう。

 じゅうたんの場合、黒いカビが浮き出てきたら完全に落とすことは難しいでしょう。隅のほうでカビ取り溶剤を付けてしばらく時間をおいても色落ちしないか確認した後、OKならカビ取り溶剤をつけた雑巾で拭き取りましょう。その後、天日干しして乾かしましょう。 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4021054
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック