スポンサードリンク

浴室の【湿気対策】

 
 □ 浴室 【湿気対策】

家の中でカビが発生しやすい筆頭としてあげられるのが「浴室」です。
温度も湿度も高くて、栄養源になる石けんカスもたっぷり。とてもカビには住みよい環境のスポットです。

・入浴後のケア

お風呂に入り終えたら、お湯を抜き、熱いシャワーで、石けんカスやアカなどカビをていねいに洗い流すのを習慣にします。ポイントは汚れが落ちやすいうちに洗ってしまうことです。お湯の高温もカビ撃退に有効なんです。そして最後に冷水シャワーで流すと、水蒸気が壁や天井などにつくのを防げます。

もちろん、そうじの後は、浴室内に大量の水蒸気が発生しているので、タオルなどで水滴をふき取ってから、窓を開けたり換気扇を回して、湿気を室外へ追い出しましょう。ただし、浴室のドアを閉めて他の部屋に湿気が流れないようにしてから行ってください。

そしてエコの観点からお風呂の水を洗濯に再利用される方もいますが、できるだけ早く浴槽の水を抜いてしまうことも湿気対策の観点からは大切なことです。


□ 浴室のカビのとり方

カビ取り剤(ジェルタイプなど垂れないものが使いやすい)、ゴム手袋、古歯ブラシなどを準備して早速作業開始!

・窓を開けましょう。(カビとリ剤の成分は強いのでしっかり換気しながら作業しましょう)

・カビ取り剤を、タイルの目地、窓やドアの継ぎ目などカビの発生している部分に塗ります。

・しばらく(20分位)待ってから、水で流しましょう。

・薄黒く残った部分には、古歯ブラシでやさしく根気よくこすってもう一度カビとり剤を塗ります。

・しばらく待った後、熱いシャワーを流し、最後に冷水シャワーで流します。そして水分をふき取り換気して充分乾かしましょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4021180
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック