スポンサードリンク

【カビ】

 
 【カビ】

カビは温度が20〜30℃、湿度が70%前後、それに有機物(人のアカなど)などの栄養素がそろうと繁殖が活発になります。

また、冬は乾燥していると安心してしまいますが、最近の家屋は密閉度が高く、適度な湿気と温度が保たれているので、カビが生き延びるには充分な環境です。

「梅雨」はもちろんですが、カビは一年中発生すると思って気をつけなくてはいけません。

またカビの栄養源は、有機性のものが中心ですが、そればかりではなく、たたみ、電子部品や接着剤なども栄養源になってしまいます。

食中毒やアレルギーの原因になるカビもいます。


・カビの弱点

ほとんどのカビは、温度が10度以下になると発育がにぶってきます。しかし、多少の苛酷な環境でもしぶとく生き残るものもいます。例えば、冷蔵庫の中でも扉の開閉がはげしくなる(庫内の温度がやや上がり気味)夏の季節には、さらに増殖するツワモノもいます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4021241
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック