スポンサードリンク

湿気対策のターゲットカテゴリの記事一覧

【カビ】

 
 【カビ】

カビは温度が20〜30℃、湿度が70%前後、それに有機物(人のアカなど)などの栄養素がそろうと繁殖が活発になります。

また、冬は乾燥していると安心してしまいますが、最近の家屋は密閉度が高く、適度な湿気と温度が保たれているので、カビが生き延びるには充分な環境です。

「梅雨」はもちろんですが、カビは一年中発生すると思って気をつけなくてはいけません。

またカビの栄養源は、有機性のものが中心ですが、そればかりではなく、たたみ、電子部品や接着剤なども栄養源になってしまいます。

食中毒やアレルギーの原因になるカビもいます。


・カビの弱点

ほとんどのカビは、温度が10度以下になると発育がにぶってきます。しかし、多少の苛酷な環境でもしぶとく生き残るものもいます。例えば、冷蔵庫の中でも扉の開閉がはげしくなる(庫内の温度がやや上がり気味)夏の季節には、さらに増殖するツワモノもいます。


【ダニ】&【結露】

 
 【ダニ】
ダニは普段から私たちのまわりにいます。たたみやカーペット、ふとんの中で静かに暮らしています。そんなダニですが、好む環境がカビと似ています。(だから湿気対策をすれば同時に効果があるのですね)

気温が25度前後、湿度が60〜80%、そして人のアカやフケなどの栄養素があれば、おとなしかったダニたちが活発になりどんどん繁殖します。そのうちのいくつかの種類のダニは、アレルギーの原因になったり、かゆみを起こしたりします。


・ダニの弱点

多くのダニは温度が20℃以下で活動がにぶってしまいます。 逆に35℃以上になると生育できなくなります。 また、湿度が55%以下になると死亡率が高くなります。


 【結露】
結露は冬の問題だと思っていませんか?

結露の原因は、冬の外気と室内の温度差だけではありません。夏でも雨が続いた後に天気が良くなると、湿気をふくんだ空気がどっと部屋の中に流れ込んできて、冷えた壁面に結露を作ることがあります。そしてその結露をそのままにしておくと大抵カビが発生してしまいます。